一定期間更新がないため広告を表示しています

JUICY COUTURE ホルダーネック 1999年頃 FREE'S SHOP渋谷店
 コットン

 盛夏に思い切り背中を露出する。
 普段は隠している背中を
 思い切り太陽に向ける。
 一年に一度か二度・・・

 朱×水色は
 大好きな色の組み合わせ。
 これ以上に完璧な組み合わせが
 他にあるだろうか!
 というほどのお気に入り。

 洋服になった場合は
 カラーバランスが重要なポイント!!



sud express 黒 タンクトップ 1999年9月
 sud express(Vichy,France)
 ポリエステル

 パリから特急電車で3時間、
 フランスの真ん中に Vichy(ヴィッシー)はあります。
 ナチスの傀儡政権があった彼の地も
 ヴィッシー・キャンディに温泉保養地、
 町を挙げての語学学校。。。
 若者は成長すると町を離れるので
 子供か老人しかいない町。

語学研修で3週間滞在したヴィッシーで、
放課後の時間つぶしは、いつものように街をぶらぶらすること、
でも、お店が少ない!!欲しいものも無い!!非常なるストレス!!

そんな日常で失敗かなあ、、、と思いつつも購入してしまったこのタンクトップ、かなりの安物。
結果は・・・毎年数回着ているし、「VIVIAN TAM?」なんて間違われたこともあるし、意外に当たりだったかも、
買ってみなければ判りませぬ、服飾品は。。。。。。

agnes.b ヘデラ柄Tシャツ 1994年6月  パリ(たぶん左岸) 
 コットン


 セールの貼り紙の中で、
 なんだか何かを買いたくて
 かごの中から掘り出したTシャツ。

 セールでは、ほつれのある品物など
 日本では人が絶対に選ばないような品質の物が
 そう安くはない値段で売られていた。
 果たして買っていく人がいるのだろうか
 と疑問をいだいた。

フランスの縫製はあまりよくないのでよく確かめて、、、と言われるが
縫製が良いことを人々はそれほど重要視していないのかもしれない。

nanso タンクトップ 2007年7月  
 united arrows green label 渋谷マークシティ
 コットン

 nansoは二年前から目を付けていた
 フィンランドのブランド、
 北欧のテキスタイルは色使いに特徴があり、
 パターンが大胆である。

 北欧は太陽と鋭角な位置にあるため
 色がより鮮やかに見えるらしい。
 パターンにもまたその影響を感じる。


ボタン柄 タンクトップ 2005年頃 フリーマーケット
 コットンxポリエステル

 近所のフリーマーケットにて
 百円玉数枚で入手。
 アジアの空気漂うタイ製。

 『ぼたん』 という花からは
 花札とかヤクザさんの入れ墨とかを連想させる。

 大きな 『ぼたん』 がプリントされたこのタンクトップは
 体に入れ墨をしたみたいで
 ちょっと姉さん気分!!


Rebecca Beeson タンクトップ 
 1998年頃 Index 東急東横店
 コットン

 タンクトップとTシャツ購入時に重視すること
 “襟と袖の開き具合”
 襟ぐりはつまり過ぎると子供っぽくなる。
 襟・袖は開きすぎるとインナーが必要になる。

 セクシーなタンクトップはアメリカ製、
 襟ぐりが大きすぎたので肩の部分を少し詰めてみた。
 アメリカ人の胸は日本人より下のほうについているのかなあ。。。



ORCIVAL ボーダーTシャツ 2002年頃
 Index 東急東横店
 コットン

 世には“限定品”好きの人が存在しますが、
 私は“芸能人の○○さんが・・・”の言葉に
 背中を後押しされてしまうようです。

 このTシャツの時は、美保純でした。
 別に美保純が好きなわけではないのですが
 なんだかね。。。。

 購入の本当の決め手は
 フランス製であること、マルチカラーボーダーの色合い、
 細身でフェミンなライン、の三点です。



MARY QUANT プリントTシャツ 2001年頃 渋谷LOFT
 コットン


洋服が『MARY QUANT LONDON』ラインに変わった直後のTシャツ。
全体にモノトーンで60年代の雰囲気が戻った。

プリントされている顔は、パリ・オペラ座エトワールのバレリーナ、
残念ながら名前は不明。
ちょっとエマニュエル・ベアールに似てる。。。

GAP 紺 Tシャツ 2007年3月 GAP渋谷店
 コットン

少し値下がりしていたので色違いをつい買ってしまいました。
pen0099の色違いです。
先週末に購入しました。
昨日またGAPを訪れてみると、
DO THE RED THINGS / PRODUCT(RED)の春の新作が店頭に並んでいました。
あっ、やられた!って感じですが
いえいえ私はこの形が大変気に入っています。
早く一枚で着たいなあ。

GAP 赤 長袖Tシャツ 2007年2月 GAP原宿店
 コットン

この頃赤いものばかり。。。。

フランス的なやや黒い感じの赤は、大好きだし似合う色。
ラウンドの首周りも鎖骨がきれいにみえるし、
柔らかいコットンと全体に細くて長いシルエット、
試着だけのつもりが、即購入決定。
真夏に一枚着て歩くのがとても楽しみ。

昨秋から売り場の一部に設けられている『DO THE RED THINGS』キャンペーン商品の一環。
代金の一部がアフリカのエイズ撲滅支援プログラムに使用されるそうです。
GAP 赤 長袖Tシャツ キャンペーン&袖
  長めの袖口は、こんなふう。