一定期間更新がないため広告を表示しています

GUCCI 黒スエード リュック 1999年頃 友人より
 スエード

懐かしいでしょう!
「まだこんなバッグ使っているの、流行遅れ!!」
という感想をお持ちの方も多いことでしょう。
トム・フォードによってブランド再興を果たした頃の品物です。
私は毎シーズン使い続けています。

革製の大きなバッグにもかかわらず、このバッグは重さを感じさせません。
リュックだからという理由もありますが、
バンブーの取っ手と肩ひもと、
素材のボリュームも含め重さの分散が計算されているように思います。
手も肩も痛くなりません、いつも感心します。

ハイブランドは分不相応なのでほとんど持っていませんが、
職人がプライドを持って作る上質なもの良さをしみじみ感じます。
価格の意味を教えられます。


JUGEMテーマ:ファッション
コメント
ご無沙汰してます〜。
で、私、今回のような、ブランド品を自分のものにしてずっと大事にする姿勢、すんごく共感できます!!
それでこそ、ブランドを手にする意味じゃないかなぁって。
ある意味、素晴らしいエコですよ、エコ!
だから、久しぶりにコメントさせていただきました。
また遊びに来ますね〜!
  • by YY
  • 2007/11/25 8:50 PM
10年、20年と、
大事に長く使えれば、ブランド品は決して高価ではないと思えます。
ただ、長く使えるものを見極めるのが難しいんですよね、
ついつい、目の前のかわいさとか流行に流されてしまうから。
  • by たかみ
  • 2007/11/27 1:09 PM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL