一定期間更新がないため広告を表示しています

今日の心の栄養。
印象派Neo 夏木マリ
こんな60(ロクマル)目指して、、、、
いまからいまからアン・ドゥ・トゥロワ。


JUGEMテーマ:演劇・舞台
 MANSAI 解体新書
萬斎さんの解体新書、もう21回目ですって!
ようやく体験することができました。

お題は「喜劇」〜笑いのメカニズム、ゲストは伊東四朗&お付き・ラサール石井
伊東四朗って素敵な人だなあ、と、いまさらながらすっかりファンになってしまった。
萬斎さんの声にも、とてもとても魅かれます。

開演前、時間があったので、同じビルに入っているカルディでちょっと時間潰し、
をしていたら、
以前の職場の同僚に遭遇。。。
彼女はなんと、現在の私の職場の元社員でした。

世間は狭く、どこかでなんとなくつながっている。。。。


 新ダヴィッド同盟
昨年の積み残しその1

庄司紗矢香の演奏する姿が美しい。
その秘訣は脇の下がしっかりしていて、上半身に前後の動きがないこと。
彼女も幼い頃にバレエをならっていたのかなあ。


JUGEMテーマ:クラシック音楽
 音のいない世界で1
今年の私の課題にぴったりの心が優しくなれるメルヘン。。。

音のいない世界で2 音のいない世界で3
ダンサーって、がにまたで走っているふりするだけでカッコいい、、首藤さん♡

JUGEMテーマ:演劇・舞台





 庄司紗矢香1210-1

サントリーホールで聴いてきました。
バイオリンの音色と弓の動きに心が開放されます。

ヴァイオリニスト 庄司紗矢香が大好きです。
彼女の表現力に魅かれます。

衣装もいつも控えめながらシックで、よく似合っている。
昨夜はロイヤル・ブルーのドレス、背中に大きなコサージュが着いていました。
センスがいい!!
庄司紗矢香1210-2

数列前の席に、森英恵と阿川佐和子が座っていました。
森英恵さんはあの特徴的な髪型が後ろから見てもすぐわかっちゃった!


JUGEMテーマ:クラシック音楽
焼肉ドラゴン-1
私が「在日」を認識するようになってわずか10年足らず。
福島の田舎育ちには、身近に感じる機会がなかった。
文字では捉えていたが、私の思考の片隅にもない現実だった。

金城一紀原作の映画『GO』
窪塚洋介と柴咲コウ、山崎努、大竹しのぶが観たくて劇場に足を運んだとおもう。
そこで、朝鮮学校を選択する/しないことや
一言に『在日』といっても、朝鮮籍と韓国籍とでは、海外旅行の扱いが
異なることなど学んだ。
初めて日本でのその存在を認識した。
何も知らなかった自分に驚いた。

『焼肉ドラゴン』を観劇して、そんな自分をまた振り返った。

新幹線で大阪万博に行き、歩く歩道を体験し、アメリカ館で月の石を遠くに観た。
私が無邪気にわがままに育っていた頃の
関西(伊丹空港近く)に住む在日コリアンの家族のお話。
おもしろおかしく仕立てているが、心は笑えない。

ハーバード大学「白熱教室」のサンデル教授が東大で講義を行った時
過去の戦争や侵略に、現在の私たちが責任を取る必要があると思うか?
というような課題を出していた。

いつまでも責任を取ることはできないが、
何をしてきたのか、その結果が何をもたらしたのか
史実は伝え、受け止めていかなければならないのだと思った。

焼肉ドラゴン-2 
 舞台装置模型が展示されていた。
 トタン屋根のバラック街。








JUGEMテーマ:演劇・舞台
 山海塾 二つの流れーから・み
ずーと、ずーと、ずーと、、、
興味がありながらも観る機会がなかった山海塾の公演
機が熟したのか、ようやく会えました。

天児牛夫さんの踊りには圧倒的な求心力があり
癒され、赦される想いでした。


JUGEMテーマ:ダンス
 巨人の神話
Le StudioHERMESにて Royal de Luxe(ロワイヤル・ド・リュクス)というパフォーマンス劇団の記録映画『Le Mythe du Giant』を観てきました。

私の概念にはないすごいものをみせられて、ショック状態です。
こんなスペクタクルが街で繰り広げられているんです。
もう全然説明できません。
 
まずは、私が観た映像の一部をご紹介します。
2000 Les Girafes du Royal de Luxe
 

JUGEMテーマ:演劇・舞台
Le Concert
『Le Concert 〜オーケストラ』を観てきました。

クラッシック音楽とロシアの音楽が流れる中、
ドキドキ、ハラハラ、と進む物語。
「そんなのあり?」
を乗り越えて、最期のコンサートシーンを無事に迎えました。

・・・・
またユダヤ人の問題でてきました。
これを機に、ハザール王国に興味を持っています。


JUGEMテーマ:映画
 Peau dAne
エルメスの「語りつがれる“ものがたり”」
前回観たのが、カトリーヌ・ドヌーブの『ロバと王女』です。

一部の隙もない装飾にひたすら感動、
そして、ドヌーブの美しさ。
ハッピィ・エンディングの幸せな物語でした。


JUGEMテーマ:映画